万能ロッドアイキャッチ

2020年版アジングから幅広く使えるソルトルアー万能ロッド5選

更新日:

ソルトルアーで使える万能ロッドとは

ソルトゲームの万能ロッド

ソルトゲームにはライトからヘビーなタックルまでを必要する様々なゲーム性の釣りがあります。

ソルトゲームの種類をざっと挙げてみますと

・アジング ・メバリング ・ロックフィッシュ ・エギング 

・チニング ・フラット ・タチウオ ・チニング ・シーバス ・ショアジギ

思いつくだけでもこんなものです。

ソルトルアーゲームにおける万能ロッドとはこれらの様々なゲーム性の釣りに

柔軟に幅広く対応できるロッドです。

万能ロッドを選ぶうえで重要なポイントとなるのは以下の四点です↓

・パワー(ロッドの硬さ)
・テーパー(ロッドの曲がり調子・曲がる位置)
・レングス(遠投性能)
・扱えるルアーの重量(軽いリグから重いリグまで対応したもの)

まずは各ポイント確認していきましょう!

ロッドのパワー(硬さ)

万能ロッドパワー

パワーとはロッドに負荷がかかった際にどれだけロッドが曲がるかというものです。

パワーの弱いロッドは魚がかかるとよく曲がるロッドです。弱いというのは悪い意味ではなく

柔軟性がありうまく力を逃がしてくれ、細いラインでも魚とのやり取りがしやすいところが利点です。

パワーの強いロッドは曲がらない分、魚を強引にグイグイと引き上げるパワーがあります。

テーパー(ロッドの曲がり調子・曲がる位置)

万能ロッドテーパー

テーパーにはファースト・スロー・レギュラーの3つの種類があります。

ファーストはロッドの穂先の曲がりが大きいもの

スローはロッドが全体的にまがるもの

レギュラーはその中間であるとされます。

ファーストテーパーは穂先に力が集中するため少ない力でルアーにアクションをつけやすく

感度も良い反面弾力性があるためショートバイトなアタリを弾きやすいとい欠点あります。

また負荷をかけすぎると折れやすい。精密なキャストが必要な釣りはファーストテーパーが適している。

スローテーパーは全体的にロッドがしなってくれるのでいわゆるタメが作りやすく

大物とのやり取りがしやすい。キャストも飛距離を出しやすいが感度はファーストに比べ劣ってしまう。

飛距離と魚とのファイト重視

レギュラーテーパーはファーストとスローの中間的なテーパーで癖のないオールラウンドともいえる。

最近はエキストラファーストというさらに穂先が繊細に曲がるものもあるようです。

レングス(長さ)

万能ロッドは8ft~9ft台のロッドが多い印象です。この長さのロッドは遠投性能にも優れアオリイカ、シーバス、ヒラメ、ロックフィッシュからタチウオまで様々な魚種を狙う事が出来ます。エギングロッドなどはこの辺りの長さ(8ft~9ft)が多く使用可能なルアーの重さの範囲が広い上、長くしゃくり続けるしなやかさとハリがあり万能ロッドとしても定評があります。

扱えるルアーの重量

万能ロッドで重要なのは様々なルアーを扱う事が出来る事です。

アジングなら1g前後のジグヘッド、エギングで3.5号のエギは約20g、

ライトショアジギングでも20g前後のメタルジグが使いたいところです。

扱える重さの範囲としては1g~20gぐらいまでカバーしてくれるものが好ましいでしょう。

ソルトゲーム万能ロッドはこういう人におすすめ

とにかくロッド1本で身軽にランガンしたい、かさばりたくないっていう人は万能ロッド1本持っておくべきでしょう。

私の場合、例えば秋の釣行では夜中はアオリイカ狙いのナイトエギングをして朝マズメで回遊のアジを狙ってアジングをします。

そういったシチュエーションでも一本のロッドでやりくりが出来るわけです。

またアジングをしに行ってて目の前に思わぬ大物が現れたり、遠くにナブラが出来た時など

突然の状況の変化に竿1本で対応する事が出来るのが万能ロッドの魅力です。

次のページからはおすすめのソルトゲーム万能ロッドをご紹介します!

次のページへ >

-タックル, ロッド
-, , ,

Copyright© 鳥取山陰アジング日和 , 2020 All Rights Reserved.