ベイトタックルでアジングがしたい!ベイトフィネスアジングのススメ

9月 13, 2019

ベイトフィネスでアジングを攻略!

ベイトアジング

最近じわじわと人気が高まっているベイトフィネスアジング(ベイトアジング)

きっとこの記事を読んでくださってるあなたもベイトアジングに興味があってここに辿り着いたはず。

この記事ではベイトアジングの特徴やおすすめのタックルなどを紹介します。

少しでも興味のある方は是非最後まで読んでみてください。

私自身、数年前まではベイトタックルでアジングをするなど微塵も思っていなかったのが今では沼にはまっています(笑)

釣り人の探究心をくすぐるベイトアジングに是非チャレンジしてみてください!

ベイトフィネスって何?

ベイトフィネスとは簡単に説明すると軽量のルアーやリグを用いた釣法でバス釣りが発祥です。

特に最近ではベイトリールで軽量ルアーを扱う釣りをさす場合がほとんどです。

元々軽量ルアーを投げるのには適していなかったベイトリール。

最近ではスプールの軽量化やブレーキ性能の向上によって、それが可能になった所謂ベイトフィネス専用機が登場し、そういった専用のリールを使って行うルアーフィッシングを総じてベイトフィネスと呼ぶような傾向にあります。

ベイトフィネスでのアジングのメリット

出典:ピュアフィッシング

手返しがよい

ベイトフィネスで使用するリールはベイトリールと呼ばれるリールです。

このリールはクラッチと呼ばれるスイッチを親指で押すことによってスプールがフリーの状態となります。

スピニングリールの様にいちいちベールを起こさなくても片手でそのままキャスト出来るのが最大のメリット!

手返しが良いのでマズメのわずかな回遊時間を狙う様なアジングには持って来いの釣法です。

またクラッチを切った状態でラインを潮に流しワームを漂わすいわゆるドリフト釣法も片手で出来てしまいます。

底がとりやすい

リグの着底と同時にラインの放出とスプールの回転が止まるので着底が把握しやすい。

巻く力が強い

ベイトリールはラインを巻きとる力がスピニングよりも強いので根に潜られやすいロックフィッシュ等にも重宝されています。

同じくアジングでも大型のアジを引き寄せやすいという事は言うまでもありません。

手返し良く素早いランディングを可能にします。

ベイトフィネスのデメリット

デメリットを挙げるならベイトリール特有の(スピニングでもなくはないですが)バックラッシュというものがあります。

キャストをミスしたり、リールのブレーキのセッテイングによってキャスティング時にスプールが空回りしラインがぐちゃぐちゃに絡まってしまう現象です。

出典:ピュアフィッシング

いくら手返しのよいベイトフィネスでもバックラッシュが頻発すれば元も子もありません。

私も子供の頃、バス釣りで使用していたベイトリールでのバックラッシュの苦い思い出があり、長年ベイトリールは敬遠しておりました・・・

しかし最近では技術の進歩によりダイワ・シマノ・アブガルシアなどのメーカーからブレーキの性能が大幅に向上しバックラッシュしにくいベイトリールが販売されています。

次のページからはベイトアジングにおすすめのタックルをご紹介します。

次のページへ >

-アジング, リール, ロッド
-, ,